お腹イッパイ!!とまだ言わせない!!!

レストランやカフェに入ると、たいがい入り口付近にケーキのショーケースが置いてあって、ずらりと並んでいるスィーツたちが私たちを呼んでいるような錯覚すら覚えます。席に着くとテーブルにはメニューのほかにデザートのポップが。ランチで満足しても、ショーケースのスィーツやデザートのメニュー、ついつい目が行ってしまいますよね。

「甘いものは別腹」といいますが、なにもこれは単純に好きなものだからたくさん食べたくなる、といった気持ち的なものだけではありません。

ダイエット中の方には酷な話ですが、人間にはもともと「別腹」というシステムが存在していることがわかっています。お腹いっぱいだったとしても、いかにもおいしそうなものだったり、食べておいしかったものだったり、そういうものを目の前にすると、胃袋が膨張して容量に余裕ができるようになります。これが「別腹」です。もともと野生動物は食べ物を十分に手に入れられないことが普通ですから、お腹いっぱいに食べられるときには限界の向こう側まで食べることができるようになっているんです。

ですから、コース料理では、「ラストを締めくくるデザートプレートが楽しみで」、という感覚、別腹にデザートを収めて本当に満足できる、というのは自然なことだったんです。メインディッシュでしっかり満足させてもらってから提供されるシェフ渾身のデザートは、豪華な演出で驚かせてくれたり、美しい盛り付けで眼福になったりと、お店の個性を楽しむこともできますね。反対に自家製のシャーベットがちょこんと鎮座しているシンプルなデザートも、スマートな締めくくりを楽しむことができます。

「スイーツ」といっても洋菓子ばかりではありません。和菓子は健康面からもおいしさからも、近年世界的にも注目されているようですし、米粉や蕎麦粉がパンやケーキに応用される例が多く出てきました。伝統的な和菓子も、蕎麦粉などを使った新しい洋菓子も、楽しんでいきましょう。

スイーツ好きには夢のイベント「ケーキ食べ放題」が、最近ではグレードアップさせた「スイーツオーダービュッフェ」として人気を集めています。並んでいるデザートを選んで持っていく従来の食べ放題とはちがい、メニューから好きなものを注文して、作ってもらえる食べ放題です。作り置きではないのでアップルパイは熱々だし、生クリームの盛り付けはきれいだし、とってもリッチな気分を満喫することができます。